小さな学習塾「わたる」-上溝教育心理研究所-

住所:〒252-0243神奈川県相模原市中央区上溝7-16-13-201
TEL:042-713-1815
設立:2019年6月
代表者:金(こん)あず佐
経歴:首都大学東京大学院 人文科学研究科 人間科学専攻 臨床心理学分野 修士卒
*通信制高校サポート校や大手進学予備校で進路相談・学習指導等の仕事を経験した後、発達障がい児・生徒を対象とした学習支援・SSTを行う民間の教育機関に勤務。同時並行で某市教育委員会における巡回相談(=市内小・中学校の先生方への支援)を経て、当教室を設立。
資格:臨床心理士・公認心理師・中等・高等学校教員一種免許状
所属:一般社団法人 日本臨床心理士会 
  〃  :一般社団法人 日本教育心理学会
  〃  :一般社団法人 日本遊戯療法学会
  
…代表者について…
小学校から高校まで、とにかく学校が嫌で嫌で仕方のない子どもでした。
だからと言ったら本当におかしな話ですが、学校の先生になりたいと思っていました。
私が出会ってきた先生はみんな学校が大好きで、みんなで団結することが大好きで、群れから外れる人間はだめだ!と思っているように見えていたため、「学校が嫌いな私みたいな人間が先生になれば、学校嫌いの子に共感できるかも…」と考えたからです。
そして先生になったのですが、大人になっても学校嫌いは持続しました(笑)。
根が教えたがりなので、勉強を教えるのは楽しい!生徒と話すのも楽しい!
しかし私が勤めた学校には、それはたくさんの学校嫌い・勉強嫌いがいましたが、その理由は千差万別。「共感」なんてとても簡単に言えなかった。みんながいろいろな事情を抱えていて、それぞれがつらくて、ただ文科省から与えられたカリキュラムを教えるだけでは何かが足りないし、自分は物を知らな過ぎると感じました。
そこで大学院に入学して、臨床心理学、とりわけ発達障害や子どもの教育心理について学び直しました。「わたる」の後に「上溝教育心理研究所」という名前をつけたのは、自分自身一生学び続けたいし、学びから得たことを「わたる」に来て下さる皆様にお伝えしたいと思ったからです。院に在籍中も、子ども達に勉強を教える仕事やその他教育関係の業務に携わってきましたが、そこで「親御さんは子ども達のためになることなら何だって知りたいんだ」「そして、勉強ができるようになる、というよりは、子ども達が将来どのように自立できるか」を本当に心配しているんだということを実感しました。
「わたる」を設立したのは、そのお手伝いをするためです。
本当に小さな学習塾ではありますが、ひとつひとつの出会いを大切に、皆様にとってほっとできる場所であることを目指し続けたいと考えています。